ネタの宝庫

【ワタシに似合うを見つける〜ヘアデザイン塾】ボブにもっと動きを〜ボブとハイライトのカンケイ〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。TAKUです。

2018年は主に「小顔テクニック」を中心としてご紹介してきましたが、2019年は【ワタシに似合う を見つける〜ヘアデザイン塾】として、同じくショート、ボブヘアを中心とし、“似合う”を見つけられる情報を発信していきたいと思っています。

今回は、

ボブという面のスタイルに動きをどうつけるか?

「動き=どう遊ぶか」ということについて、特に今回は「見える」の点に重点を置き、カラーでデザインについて解説致します。

・ボブにしたけれど、なかなか動きが出せない
・重たく見える気がする
・巻いたりするのは苦手だが立体感を出したい
そんな方には是非一度トライしてみてほしいカラーデザインです。
※巻いたりパーマをかけて動きを物理的につけることは、また後に書いていきます。

■ハイライトという選択肢

まず一番スタンダードといってもいいのは【ボブ×ハイライト】。このデザインは、そう珍しくありません。この組み合わせは簡単で早い、なおかつ大人でも楽しめるようにデザイン出来るところが魅力的です。

では実際のお客様の仕上がりを見てみましょう。

  • ①極細+コントラスト:ベースカラーが暗いところに明るめのハイライトを細く入れたパターン。上から動きがあるように見えるので、デザイン感を求める方にオススメです。
  • ②極細+グラデーション:細めのハイライトを入れた後に、グラデーションカラーでデザインしたパターン。毛先を巻いたりする方にオススメです。
  • ③ソフトハイライト:ハイライトをやや暗めに設定した場合や、ハイライトが残っている髪に繰り返しカラーをしたパターンです。

ちなみに、③のように1度入れたハイライトは退色とともに明るく落ちてくるので、2、3回はカラーは前回のデザインを楽しめるのが他との違いです。またハイライトを繰り返して何度も入れていくと、外国人のようなランダムな明るさの混ざったデザインが出来上がります。

ハイライトの色としては、アッシュ、グレイ系カラー、他にもゴールドやラベンダー系が綺麗に映えやすいです。大人の女性でも規則が厳しすぎなければ、③のような控えめなデザインなら問題なさそうです。

インナーカラーという選択肢もありますが、その場合は巻いたり外ハネにして出てくるので自然な状態で見せられるのはトップに入れるハイライトがオススメです。

●注意点

ハイライトは、太く入れすぎない事。太く入ってしまったら古い感じに見えるので、できるだけ細めがオススメです。

●予算と時間

料金は、基本カラーにプラスで約3,000円ほどで、時間は通常のカラーにプラス30分程度で仕上げられます。もちろん、白髪染めに足すことも可能です。

ボブスタイルに動きを自然に出すことで、また一歩似合う髪型に近づいてみてはいかがでしょうか。

TAKUでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルター店舗紹介

 

aL-ter LieN

 

千葉県千葉市中央区中央3-17-1千葉セントラルタワー2F


aL-ter 鎌取店

 

aL-ter 鎌取店

 

千葉県千葉市緑区おゆみ野3-7-1芝コーポ5号館101


aL-ter NATIVE

 

aL-ter NATIVE

 

千葉県千葉市緑区おゆみ野3-7-1 芝コーポ5号館101


aL-ter Rire

 

aL-ter Rire

 

千葉県千葉市緑区おゆみ野3-19-4オーシャンビュー一番館104


aL-ter che'rie

 

aL-ter che’rie

 

千葉県千葉市緑区おゆみ野3-19-4オーシャンビュー一番館104


aL-ter e'clat eyelash

 

aL-ter e’clat eyelash

 

千葉県千葉市緑区おゆみ野3-19-4オーシャンビュー一番館104


aL-ter e'clat eyelash

 

aL-ter NAX [メンズ脱毛専門店]

 

千葉市緑区おゆみ野3-7-2 アイ・ティー・オーおゆみ野Ⅱ 1F


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。